沿革

1948年
昭和23年5月
文京区指ヶ谷町(現白山1丁目)に創業者前田喜知雄により合資会社前田硝子店を設立。板硝子の加工販売を開始。

1959年
昭和34年8月

合成樹脂の加工と販売をするプラスチック部門を設立。
1963年
昭和38年10月
日本プラスチック・ドアー株式会社を設立し、プラスチックドアの加工販売を開始。
1963年
昭和38年12月
アルミフロントサッシの加工販売を開始。
1964年
昭和39年8月
保谷市北町(現西東京市)に工場を建設し、強化ガラスドアの製造販売を開始。
1966年
昭和41年3月
合資会社前田硝子店を合資会社マエダに改称する。
1967年
昭和42年4月
都区画整理のため、北区西ヶ原に本社を移転する。
1968年
昭和43年6月
取扱品目の多様化により、日本プラスチック・ドアー株式会社を株式会社マエダに改称し、合資会社マエダの営業部門を吸収合併する。同時に合資会社マエダを合資会社前田興業に改称。
1973年
昭和48年7月
川口市新井町(現弥平町)に川口工場並びに従業員宿舎を建設。
1973年
昭和48年10月
ステンレスフロントサッシ(トップSSフロント18-8)の製造販売を開始。
1975年
昭和50年12月
川口市東領家に第一工場を建設。(川口工場を第二工場とする)
1976年
昭和51年1月
払込資本金5000万円となる。
1976年
昭和51年4月
北区西ヶ原に本社新社屋を建設。
1982年
昭和57年7月
第一工場隣接地に営業本部を建設し、営業を統括する。
1986年
昭和61年2月
第三工場を建設、装飾金物に力を入れる。
1988年
昭和63年4月
代表取締役に前田喜一就任する。
1989年
平成元年12月
第五工場を建設、レーザー加工を開始。(現独身寮)
1997年
平成9年11月
デジタルグラフィックスの販売を開始。
2001年
平成13年10月
代表取締役に前田三枝子就任する。

株式会社マエダ 沿革 社屋01
株式会社マエダ 沿革 社屋02
株式会社マエダ 沿革 社屋03
株式会社マエダ 沿革 社屋04
株式会社マエダ 沿革 社屋05